2016年12月アーカイブ

カードローンに申し込む人の多くは、「スピードキャッシング」を希望しています。

スピードキャッシングは、申込みから現金受取りまでを迅速にできるキャッシングサービスのことです。

一般には、消費者金融は、申込みから現金受取りまでがスピーディなので、スピードキャッシングであると考えられます。

しかし、総量規制によって消費者金融が利用できないケースもありますので、ここでは、銀行カードローンを中心にご紹介します。


■消費者金融で最速のスピードキャッシングとは?

大手の消費者金融のほとんどは、迅速審査を得意としています。

しかし、とりわけスピーディな審査が行われるのは、

 ・プロミス(最短30分)
 ・ノーローン(最短25分)

の2社になります。

プロミスは、三井住友銀行グループになりますし、ノーローンは、新生銀行グループの「銀行系」のカードローンです。

どちらも安心して利用できますので、「とにかくスピード!」というときは、いずれかを選択してみてはいかがでしょうか。


■銀行でスピードキャッシングができるのは?

銀行カードローンは、一般には、融資までの時間がかかることが多くなります。

ローン審査に数日~1週間、カード受取りまでに2週間近くかかることもあります。

しかし、銀行カードローンの中には、

 ・新生銀行レイク
 ・三菱東京UFJ銀行バンクイック

のように、スピードキャッシングを得意としているケースもあります。

年収の3分の1まで、という制限で消費者金融が利用できないときは、レイクやバンクイックのようなサービスが向いています。


■自分自身の行動もスピーディに!

スピードキャッシングに重要な要素は、ローン審査の迅速さだけではありません。

必要書類を用意したり、申し込み手続きやカードの受取り(自動契約機)にも左右されます。

何を用意し、どう行動すればいいのかをまとめておくと、より即日融資が実現しやすくなります。

スピーディな審査が可能なローンを選び、自分自身もスピーディに行動するようにしましょう。

バレずにお金を借りることができました

このアーカイブについて

このページには、2016年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。